Blog

お弁当50人分を七尾市の避難所へお届けしました

お弁当50人分を七尾市の避難所へお届けしました

石川県七尾市の矢田郷地区コミュニティセンター避難所へ、お弁当50人分を届けました。

購入元の「主婦の店」のスタッフが、2024年4月26日、避難所のスタッフへ直接渡してくれました。
主婦の店は地元でよく知られた惣菜屋さんで、リーズナブルでおいしいお弁当を作っています。スタッフの皆さんもそれぞれ被災しており、忙しいなかで対応してくれました。
避難所運営の責任者で、矢田郷地区まちづくり協議会の関軒明宏さんが受け取り写真を送ってくれました。

矢田郷地区コミュニティセンター避難所には4月26日時点で75人の避難者がおり、仮設住宅の完成などにともないすこしずつ減っているところです。

ご支援に感謝します。
ありがとうございました。

支援物資 Item000016 お弁当(矢田郷コミュニティセンター避難所へお届け)
支援者 Supporters:  Ms.Asataka, Mr.S, @seramuseum, 近藤智也様 

 

50 boxed lunches were delivered to the Yatago Community Center evacuation shelter in Nanao City, Japan on May 1st, 2024.

The lunches were purchased by supporters of the evacuees and delivered by staff from "Shufu no Mise," a local food shop known for its affordable and delicious meals.
The staff at Shufu no Mise were also affected by the disaster, but they still took the time to personally deliver the lunches to the evacuees.

As of April 26, there were approximately 75 evacuees staying at the Yatago Community Center. This number is expected to decrease gradually as temporary housing becomes available.

We are so grateful for your support.
Thank you again for your kindness.

続けて読む

七尾市の避難所へ枕と枕カバーをお届けしました

七尾市の避難所へ枕と枕カバーをお届けしました

石川県七尾市の矢田郷地区コミュニティセンター避難所へ、枕と枕カバーをお届けしました。

矢田郷コミュニティセンター避難所には、2024年3月28日時点で約100人の被災者が身を寄せています。
一時的な避難所のため、敷きパッドや毛布、掛ふとんはなんとかなっていますが枕がなく、滞在の長期化に伴い要望が出ていました。

商品は七尾市の寝具店「ムーミンなかがわ」で購入。中川久雄さんが2024年3月28日に届けてくれました。
中川さんご夫妻も被災していますが、奮起して早々にお店を再開しています。

このたびのご支援に心から感謝いたします。
ありがとうございました。

なお、この商品は完売前に発注、お届けが済んでいます。ご了承ください。

支援物資 Item: 000003 綿枕・枕カバーセット(矢田郷コミュニティセンターへお届け)[共同購入]
支援者 Supporters: @seramuseum, 二宮理枝様, 山田亜弓様, 鈴木和男様, 川口千尋様, Mr.S, @orangehealing, 古川和香様, 高井光平様, 高橋ひとみ様, Ms.S

支援物資 Item: 000002 そば殻枕・枕カバーセット(矢田郷コミュニティセンターへお届け)[共同購入]
支援者 Supporters: 横山由美恵様, 鴫原明子様, 佐野勝大様, 高野順子様, 猪本恵美子様, 島谷晴美様, Ms.S, Ms.NF

 

We've delivered pillows and pillow cases to Yatago Area Community Center evacuation shelter.

As of March 28, 2024, approximately 100 disaster victims were taking refuge at the Yadago Community Center evacuation shelter. While temporary accommodations for items like sleeping pads, blankets, and quilts have been secured, pillows were lacking, and requests for them had been increasing as the shelter stay extended.

The pillows were purchased from "Moomin Nakagawa," a bedding store in Nanao City. Mr. Nakagawa delivered them on March 28, 2024.
Mr. and Mrs. Nakagawa are also victims of the disaster, but they have shown great resilience in promptly reopening their store.

We sincerely appreciate your generous support.
Thank you very much.

続けて読む

穴水町の避難所へカップヌードルなどをお届けしました

穴水町の避難所へカップヌードルなどをお届けしました

カップヌードルやインスタント味噌汁などの食品を、石川県鳳珠郡穴水町の避難所「あゆみの里」へお届けしました。

あゆみの里は高齢者福祉施設ですが、2024年4月22日時点で9世帯の能登半島地震による避難者が暮らしています。

商品の配達は2回で、2024年3月25日分は穴水町の酒・食料品店「七海屋」で購入、4月22日分は鳳珠郡能登町で再開しているドラッグストア、シメノドラッグで購入し、両日ともAidShop.orgのスタッフが配達しました。

ご支援に感謝します。
ありがとうございました。

なお、この商品は完売前にお届けが済んでいます。ご了承ください。

支援物資 Item: 000008 カップ麺4個セット(穴水町あゆみの里避難所へお届け)
支援者 Supporters: 原若葉様, 鈴木和男様

支援物資 000009 神州一味噌しじみ汁12個入2パック(穴水町あゆみの里避難所へお届け)
支援者 Supporters: 久保田祐子様, Ms.S, 布施明子様

支援物資 Item: 000013 カップ麺4個セット(穴水町あゆみの里避難所へお届け)
支援者 Supporters: 近藤智也様

支援物資 Item: 000012 マルコメ 味噌汁36個入パック(穴水町あゆみの里避難所へお届け)
支援者 Supporters: 近藤智也様

We have delivered food items such as cup noodles and instant miso soup to the Ayuminosato evacuation shelter in Anamizu Town, Hosu District, Ishikawa Prefecture.

Ayuminosato is an elderly welfare facility, but as of April 22, 2024, 9 households displaced by the Noto Peninsula Earthquake are living there.

The goods were delivered in two batches: the March 25, 2024 batch was purchased at the Anamizu Town liquor and grocery store "Shitsumiya," and the April 22 batch was purchased at Shimeno Drug, a drugstore that has reopened in Noto Town, Hosu District. Both deliveries were made by AidShop.org staff.

Thank you for your support. 

 

 

続けて読む

お弁当55人分を七尾市の避難所へお届けしました

お弁当55人分を七尾市の避難所へお届けしました

石川県七尾市の矢田郷地区コミュニティセンター避難所へ、お弁当55人分を届けました。

購入元の「主婦の店」のスタッフが、2024年4月17日、避難所のスタッフへ直接渡してくれました。
主婦の店は地元でよく知られた惣菜屋さんで、リーズナブルでおいしいお弁当を作っています。スタッフの皆さんもそれぞれ被災しており、忙しいなかで対応してくれました。
避難所運営の責任者で、矢田郷地区まちづくり協議会の関軒明宏さんが受け取り写真を送ってくれました。

矢田郷地区コミュニティセンター避難所には2024年4月17日時点で75人の避難者がおり、仮設住宅の完成などにともないすこしずつ減っているところです。

ご支援に感謝します。
ありがとうございました。

なお、この商品は完売前にお届けが済んでいます。ご了承ください。

支援物資 Itemお弁当(七尾市矢田郷コミュニティセンター避難所へお届け)

支援者 Supporters: @yoko_imamura, 伊藤幸恵様, Mr.S, 佐野勝大様, LET'S REIKI様, 高梁市マエハラ様, 近藤智也様

60 boxed lunches were delivered to the Yatago Community Center evacuation shelter in Nanao City, Japan on April 17, 2024.

The lunches were purchased by supporters of the evacuees and delivered by staff from "Shufu no Mise," a local food shop known for its affordable and delicious meals.
The staff at Shufu no Mise were also affected by the disaster, but they still took the time to personally deliver the lunches to the evacuees.

As of April 17, there were approximately 75 evacuees staying at the Yatago Community Center. This number is expected to decrease gradually as temporary housing becomes available.

We are so grateful for your support. Thank you again for your kindness.

続けて読む

穴水町ボランティアセンターへ作業用手袋をお届けしました

穴水町ボランティアセンターへ作業用手袋をお届けしました

石川県鳳珠郡穴水町の穴水町ボランティアセンターへ、ボランティアさんなどが使用する作業用手袋を届けました。

1回目の配達分は、2024年3月24日に穴水町のコメリで購入し、AidShop.orgのスタッフが直接配達しました。
2回目は、2024年4月13日に、購入元のアタックマン水口の水口純一さんが直接配達してくれました。

穴水町ボランティアセンターは、穴水町社会福祉協議会が運営し、町内外からボランティア作業をしに来てくださる人で賑わっています。

ご支援に感謝します。
ありがとうございました。

商品 Item: Kt 作業用手袋 Wonder Grab 3双パック 8パック(穴水町ボランティアセンターへお届け)
支援者 Supporters: 北上田登久子様, マエハラトシユキ様, Mr.S

商品 Item: TOWA 作業用手袋 3双パック 12パック(穴水町ボランティアセンターへお届け)
支援者 Supporters: 鈴木和男様, 矢口曜子様, 根元多佳子様, 長田香様, 横山由美恵様, @tarotter

商品 Item: オタフク 作業用手袋 A-32 3組セット 30パック(穴水町ボランティアセンターへお届け)
支援者 Supporters: 祐子様, 柴﨑賀一様, 二宮理枝様, イガラシ様, 鈴木和男様

商品 Item: エステー ニトリル作業用手袋 No.600 30パック(穴水町ボランティアセンターへお届け)
支援者 Supporters: @Long_Room_, furi-zia @orangehealing, 鈴木和男様, 根元多佳子様, 矢口曜子様, 曽根佳代子様, 山田亜弓様, イガラシ様, 安井勇介様, 浜谷和宏様, テルイノリフミ様, Ms.S

Work gloves were delivered to the Anamizu-machi Volunteer Center in Anamizu Town, Hōsui District, Ishikawa Prefecture, for use by volunteers and others.

The first delivery of gloves was purchased at Komeri in Anamizu Town on March 24, 2024, and delivered directly by AidShop.org staff. The second delivery was made on April 13, 2024, by Junichi Mizuguchi of Attackman Mizuguchi, the store where the gloves were purchased.

The Anamizu Volunteer Center is operated by the Anamizu Town Social Welfare Council and is bustling with volunteers from both inside and outside the town.

Thanks a lot for your kindly support.

続けて読む

七尾市の避難所へお弁当をお届けしました

七尾市の避難所へお弁当をお届けしました

石川県七尾市の矢田郷地区コミュニティセンター避難所へ、お弁当60人分を届けました。

購入元の「主婦の店」のスタッフが、避難所のスタッフへ直接渡してくれました。
主婦の店は地元でよく知られた惣菜屋さんで、リーズナブルでおいしいお弁当を作っています。スタッフの皆さんもそれぞれ被災しており、忙しいなかで対応してくれました。ですが、お届け写真は、届けたお店も受け取った避難所のスタッフも撮り忘れてしまいました。申し訳ありません。

矢田郷地区コミュニティセンター避難所には4月10日時点で76人の避難者がおり、仮設住宅の完成などにともないすこしずつ減っているところです。

ご支援に感謝します。ありがとうございました。

支援物資 Itemお弁当60人分(七尾市矢田郷コミュニティセンター避難所へお届け)

支援者 Supporters: 祐子様, 島谷晴美様, 中野理佳様, 豊田夢太郎様, Ms.NF, breezing様, 小田由紀子様, MT様, Mr.S

60 boxed lunches were delivered to the Yatago Community Center evacuation shelter in Nanao City, Japan on April 10, 2024.

The lunches were purchased by supporters of the evacuees and delivered by staff from "Shufu no Mise," a local food shop known for its affordable and delicious meals. The staff at Shufu no Mise were also affected by the disaster, but they still took the time to personally deliver the lunches to the evacuees.

As of April 10, there were approximately 76 evacuees staying at the Yatago Community Center. This number is expected to decrease gradually as temporary housing becomes available.

We are so grateful for your support. Thank you again for your kindness.

 

続けて読む

お弁当50食を七尾市の避難所へお届けしました

お弁当50食を七尾市の避難所へお届けしました

石川県七尾市の矢田郷地区コミュニティセンター避難所へ、支援者の皆さんが購入されたお弁当を届けました。
購入元の「主婦の店」のスタッフさんが、避難所のスタッフさんへ直接渡してくれました。
主婦の店は地元でよく知られた惣菜屋さんで、リーズナブルでおいしいお弁当を作っています。スタッフの皆さんもそれぞれ被災しており、忙しいなかで対応してくれました。
お届けしたときの写真は、矢田郷地区まちづくり協議会の関軒明宏さんが送ってくれました。
矢田郷地区コミュニティセンター避難所には4月1日時点で約100人の避難者がおり、仮設住宅の完成などにともないすこしずつ減っているところです。
ご支援に感謝します。ありがとうございました。

支援物資 Itemお弁当50人分(七尾市矢田郷コミュニティセンター避難所へお届け)

支援者 Supporters: 横山由美恵様, 青山純様佐野勝大様長田香様佐藤順子様村上達也様自宅弓ノ町様月人様, Ms.Yoko, @tarotter

50 boxed lunches were delivered to the Yatago Community Center evacuation shelter in Nanao City, Japan on March 27, 2024. The lunches were purchased by supporters of the evacuees and delivered by staff from "Shufu no Mise," a local food shop known for its affordable and delicious meals.
The staff at Shufu no Mise were also affected by the disaster, but they still took the time to personally deliver the lunches to the evacuees.
As of April 1st, there were approximately 100 evacuees staying at the Yatago Community Center. This number is expected to decrease gradually as temporary housing becomes available.
We are so grateful for your support. Thank you again for your kindness. 続けて読む

能登半島地震で被災し困っている方へ

能登半島地震で被災し困っている方へ

AidShop.orgは、被災者が要望するものを、世界中の方の購入(世界中の方からの寄付)によって、地元被災地の商店からお届けする、支援品のオンラインショッピングサイトです。

令和6年1月1日に起こった能登半島地震の被害に遭った方で、なにか物がない、足りないなどでお困りの方は、どうぞAidShop.orgへお知らせください。
一定の範囲内でではありますが、できるだけの対応をします。

山崎太朗(AidShop.org, フォレストフォーチルドレン)
aidshop@forestforchildren.com
090-3247-0634

 

AidShop.org is an online platform that connects people in need with local businesses in disaster-affected areas. Through our platform, individuals from around the world can purchase items requested by survivors, providing direct support to those who need it most.

If you have been affected by the Noto Peninsula Earthquake on January 1, 2024, and are in need of assistance, please reach out to AidShop.org. We are committed to providing support to the extent possible within our capabilities.

Here's how it works:

  1. Survivors submit requests for items they need.
  2. Donors from around the world purchase those items through AidShop.org.
  3. AidShop.org procures the items from local businesses in the disaster-affected area.
  4. The items are delivered directly to the survivors.

By supporting AidShop.org, you are not only helping to provide essential items to survivors, but also supporting the local economy in disaster-affected areas.

To learn more or to make a donation, please visit our website: https://aidshop.org/

We are here to help.

Taro Yamazaki (AidShop.org, Forest for Children)
aidshop@forestforchildren.com
+81-90-3247-0634

続けて読む

AidShop.org とは?

AidShop.org とは?

 

AidShop.orgは、被災者や被災地へ贈る支援物資のオンラインショッピングサイトです。

このウェブサイトに掲載されている商品はどれも被災者や被災地から要望を受けて掲載されています。

商品を購入する人は「支援者」となります。購入された商品は購入者のところへは届きません。商品は、それを要望した被災者のもとへ届きます。

商品は、被災地またはその近隣にある商店から、被災者のもとへ届きます。AidShop.orgは、被災者から要望があったものを売っている店や人をその被災地で探し、契約しています。

商品が購入され、被災者のもとへ商品が届くと、AidShop.orgはそのことをブログでお知らせします。(商品の受け渡し日とブログへの掲載日はあるていど前後しますことをご理解ください)

 

AidShop.org is an online shopping platform that allows you to directly send relief supplies to people affected by disasters.

All products listed on this website are requested by disaster victims. When you purchase a product, it will not be delivered to you, but directly to the victim who requested it.
Products are delivered to victims from stores or individuals located in the disaster area or nearby. AidShop.org searches for and contracts with stores and individuals in the affected area who are selling the items requested by the victims.

When a product is purchased and delivered to a victim, AidShop.org will announce it on our blog. Please understand that there may be some delay between the date the product is delivered and the date it is posted on the blog.

続けて読む

Relaunch the marketplace for Reconstruction. 「復興市場」はAidShop.orgへ

Relaunch the marketplace for Reconstruction. 「復興市場」はAidShop.orgへ

In March 2011, Japan's Tohoku region was struck by the Great East Japan Earthquake. The affected areas were filled with people who had lost their families, homes, towns, and jobs. However, support in the form of money and relief supplies poured in from all over Japan and around the world.
In April 2011, when I visited the town of Rikuzentakata in Iwate pref., which was particularly hard-hit, I witnessed situations where the support materials sent from various places were mismatched, difficult to organize, or had high shipping costs relative to the value of the items.
On the other hand, many of the individuals providing support seemed to be anxious about how their donated money or goods were being utilized.
Therefore, in May 2011, I established "Fukkoichiba". That is an online shopping site where you can purchase support supplies from local stores in the disaster-stricken areas and have them delivered. When you purchase items listed on the site, the mechanism ensures that the struggling local businesses in the affected areas prepare the goods and deliver them to the victims in need. This system, where a single donation helps both the store and the victims, was well-received by many people. Over the five years since its establishment, Fukkoichiba has been able to deliver approximately 250 million yen worth of support supplies and generate an equivalent amount in sales to the disaster-affected areas.
As the operator, I had temporarily suspended the operations while witnessing the gradual recovery of Japan's Tohoku region. However, upon observing conflicts such as natural disasters and wars occurring somewhere in the world, I have decided to relaunch the reconstruction marketplace under a new name. The new website is this "AidShop.org."
Everyone, your support for those in need around the world is greatly appreciated.

2011年3月に日本の東北地方を襲った東日本大震災。被災地には、家族、家、町、仕事を失った人があふれ、しかしそこには日本中から、あるいは世界中から、お金や支援品が集まりました。
2011年4月に、特に被害が大きかった岩手県陸前高田市へ行った私は、方々から送られてくる支援物資が、すこし的外れだったり、バラバラで整理がしにくかったり、物品の金額に対して送料が大きすぎるといった状況を目にしました
一方で、被災地支援をする人、したい人の多くは、自分たちが寄付したお金や物がどのように使われているか不安を感じているようでした。
そこで私は、2011年5月に「復興市場」を開設しました。復興市場は、被災者への支援物資を被災地にあるお店から購入して届けることができる通販サイトで、サイトに掲載されている商品が購入されると、被災地でがんばっている商店が商品を用意し、求めている被災者へ届ける仕組みでした。1回の寄付がお店と被災者の両方を助けることになる仕組みは多くの人に受け入れられ、開設から5年間で約2億5千万円分の支援物資と、同じ額の売り上げを被災地へ届けることができました。
運営者である私は、日本の東北地方が徐々に復興していくのを見ながらその活動を休止していました。しかし、世界中のどこかで自然災害や戦争などの紛争が起こっているのを見て、このたび、新しい名前で、以前のような取り組みを再稼働することにしました。新しいウェブサイトの名前はエイドショップ(AidShop.org)です。
皆さま、世界のどこかで困っている人たちへのご支援をよろしくお願いいたします。

Taro Yamazaki  山崎太朗

続けて読む
上へ戻る